沼津港に行なら絶対食べるべき!おすすめ絶品海鮮グルメ店

沼津港で食べたのどぐろの干物1 おすすめ店

はじめに

静岡県といえば、皆さん何を思い浮かべますか?富士山やお茶畑、熱海の温泉を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

しかし、今回は私がおすすめしたいのは沼津港で食べることができる海鮮料理です。

漁港と聞くと、船着場があるだけのイメージを持つかもしれませんが、沼津港は沢山の飲食店や水族館があり、子供から大人まで楽しむことができる場所です。今回は沼津港に行けば必ず足を運んでほしいお店2軒をご紹介します。

絶対に立ち寄るべきスポット①サスヨ海産 魚河岸サスヨ水産市場

まず初めにご紹介するのは「サスヨ海産 魚河岸サスヨ水産市場」さんです。
このお店では、干物を中心に沢山の海産物を販売されています。
鮮魚・カニ・貝類・珍味などもあり、お土産目当てで立ち寄っても楽しく過ごせるお店です。

このサスヨさんで私がおすすめするのは、「サバの干物」です。サスヨさんでは、購入した商品をすぐさま店内敷地にある飲食スペースで焼いて食べることができます!そのため、電車で来た故に保冷バッグを持ち歩くことも出来ず、干物を持ち帰ることを渋々諦めていた人も、しっかり味わえることができます。

下記写真は私が実際に食べたときに撮った写真です。

沼津港で食べたサバの干物
サバの干物

焼く前はこのような状態です。
脂がしっかりのっていることがお分かりいただけると思います。

サイズが大きいので2人で分けるぐらいが丁度良いかもしれません。
ドラム缶の上に直火コンロが設置しており、その上で焼いていきます。購入商品以外は原則持ち込み不可ですが、アルコール類も販売されています。

沼津港で食べたサバの干物を焼いている様子
こんがりと焼き目のついたサバの干物

焼き上がり写真です。皮がこんがりと焼けて、香りも抜群です。
実際に食べてみると、サバの上質な脂と白身の旨味が口いっぱいに広がります。

コンロの上なので、ゆっくり堪能しても最後まで冷めずに頂けるのも嬉しいポイントです。
食べたりない場合はすぐさま買い足すこともできるのも良いですね。

沼津港で食べたのどぐろの干物2
のどぐろの干物

こちらの写真は高級魚ノドグロ(アカムツ)の干物です。

実はサバの干物に感動してしまい、思わず連日立ち寄ってしまいました。
そのくらい美味しい干物がたくさんあります。店頭に並ぶ干物は毎日変わります。その時々で味わえる旬のお魚やカニを堪能してください。

住所 静岡県沼津市千本港町105-1

TEL 055-951-5661(前後する可能性あり)

絶対に立ち寄るべきスポット②海鮮丼 五鉄

こちらのお店は沼津港の新鮮な魚を使った美味しい海鮮丼が食べられるお店です。
実は、バナナマンがメインパーソナリティーを務める「バナナマンのせっかくグルメ」でも紹介されているお店です。

看板メニューは壱鉄、弐鉄~究極の五鉄といった数字が上がるごとにグレードもアップしていく海鮮丼です。私が実際に頂いたのは弐鉄です。

沼津港で食べた海鮮丼
五鉄の海鮮丼

まず目に飛び込んでくるのが、きらきらと輝く大量のイクラです。
その下にはぶつ切りの鮮魚たちがごろごろ隠れています。

まず一口頂くと、イクラのプチっと感と鮮魚それぞれの主張がありつつもご飯が1つにまとめてくれます。
海鮮が美味しいことは分かっていましたが、ご飯の品質も非常に高いです。
調べてみると、富士山麓の水で育てた「静岡産こしひかり」を使用されていました。

五鉄の海鮮丼は最後に〆として「まご茶漬け」にして頂けます。
熱々の出汁をかけることで、生で食べる時とは違う魚の旨味が染み出てきます。
これと同時にわさびが全体にどんぶり全体に広がり、よりさっぱりした味わいを与えてくれます。

究極の五鉄はウニ・カニ・ホタテが追加でのせてある贅沢な一品です。
海鮮好きには溜まりませんね。もっとカニを食べたい方には部分的な追加トッピングも可能です。その他にもマグロ丼やしらす丼、天丼の取り扱いもあります。マグロ・ネギトロ・しらすをのせた「お子様どんぶり」もあるので、ご家族での来店もバッチリですよ。

住所 静岡県沼津市千本港町121-2

TEL 055-946-5835

営業時間 平日11:00~16:00 土日祝日11:00~16:30
※ネタが終わり次第終了となります。

沼津港への行き方

沼津港は沼津市にあり、県全体の東部エリアに位置しています。
アクセスは沼津駅にある南口バス停でバスに乗ると20分程度で港へ向かうことができます。

ちなみに、東京駅から沼津駅までは新幹線で約1時間、鈍行列車でも約2時間15分で行くことができる比較的アクセスの良い場所です。
車でもアクセスしやすく、高速道路を利用すれば東京から2時間前後で行くことができます。

最後に・・・

いかがだったでしょうか?沼津港は干物も鮮魚もどちらも味わうことができる素敵な漁港です。
イカの干物を買って、旅館で呑み直す なんてこともできますよ。

今回紹介はしていませんが、カニのお店やお土産ショップもありますよ。冒頭でも記載した通り、水族館や沼津港を周遊するクルーズ船に乗れるので、「食べる」と「遊ぶ」を満喫できます。

全国旅行支援の行先候補として、あるいは熱海や八景島シーパラダイスに行く方は忘れずに立ち寄ってほしいスポットです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました